タナのぶろぐ

【解散の真実】レペゼン地球は解散したくなかった!?DJ社長の壮絶な真実を告白!!

投稿日:

YouTube

-YouTube
-,

元レペゼン地球で現在はCandy Foxxとして活動するDJ社長が1日、自身のYouTubeチャンネルを更新。レペゼン地球が解散せざるを得なかった理由を明かした。モデルプレスではDJ社長に独自取材を実施し、詳細を聞いた。

情報源: 「レペゼン地球は権利すべてを奪われて」解散せざるを得なかった壮絶な真実をDJ社長が告白<独自取材> – モデルプレス

今回DJ社長は、解散せざるを得なかった理由として、会社の運営に携わっていたH氏について告白。

6年前、警備会社の社長であったH氏とDJ社長は知人からの紹介で知り合った。当時からDJ社長は株式会社を経営していたが、ミスが続き6000万円ほどの借金を抱えることに。「有名人になって稼いで借金を返済したい」とH氏に相談したところ、新たな会社の設立を勧められる。

(中略)

レペゼン地球は人気になっても相応の給料をもらえず、経理関係の仕事を担当していたH氏はDJ社長が借金を返し終わっても株を返そうとしなかったという。その後、条件付きで株を渡すと言ってきたH氏だが「退職金4900万円」「レペゼン地球の歌った楽曲の権利を全て渡す」「H氏が担当した経理に不備があっても訴えてはならない」「未来永劫的にカラオケ印税も」など、提示された条件にDJ社長は納得することが出来ず、その後も話し合いは難航した。

そのため、DJ社長は2020年、自らの意思で解散して新グループ(Candy Foxx)、新会社(Studio Candy Foxx株式会社)の設立を決意。同年12月、ファンのためにレペゼン地球福岡ドーム解散ライブは強行した。

DJ社長はファンが嫌な思いで解散を受け入れることになると思い、解散ライブ前にこのような揉め事を伝えることは出来なかった。なお、株式会社の設立とともに、現在はDJ社長がCandy Foxxの商標や楽曲の権利を保持している。

記事の反応

これみんなでお金出してライフグループの株半分以上買い戻して社長に返せないのかな悔しい。

壮絶な裏話でしたね
でもレペゼンメンバーからは活動に対して諦めてないのがひしひし伝わってきましたこれからも頑張ってください

理不尽な状況で色々言われて動画を見て更に悲しくなりました…
銀太と社長がHと話してる時の銀太の心からの叫びがすごく心に響きました…

自分を責めないでください
レペゼン地球ずっとだいすきです

どんなに騙されてもどんなに借金してもどれだけ整形してもDJ社長は僕たちが尊敬する面白い人

レペゼン地球の曲をまた聴きたい、どうにか著作権をこっちの物にしてほしいです

聞けて良かったです。何としてでも裁判に勝って欲しいです。

B:解散の裏にこんなことがあったんだ、真実は残酷だったね
A:嘘言ってはいないだろうけど、これを言って裁判に不利な影響がないといいな