タナのぶろぐ

不登校YouTuberゆたぼん、世間のマスク義務化の風潮にブチギレ「いつでも“マスクつけろ”って言ってるやつ頭おかしいわ。脳みそが思考停止してる」

投稿日:

YouTube

-YouTube
-,

 「少年革命家」を自称するYouTuber・ゆたぼんさん(12)が2021年5月31日、自身のYouTubeチャンネルに公開した動画で、「学校ではマスクを外すべき」との持論を展開した。

情報源: 不登校YouTuberゆたぼん激怒 過去動画への「マスクしろ」批判に「ホンマにアホやと思う」(J-CASTニュース) – Yahoo!ニュース

2021年5月27日、今年2月に大阪府高槻市の小学校で当時5年生の男子児童が、体育の授業で持久走を走った直後、体調が急変し死亡していた、と毎日放送などが報じた。

事故との関連は不明だが、児童はマスクをした状態で持久走に臨んでいた可能性もあるという。

このニュースを受けてYouTuber・ゆたぼんは、「学校でマスクは外せ!」と題した動画を公開。「運動する時とか体育の時はマスクをつける必要はないし、それで死んでしまう可能性もあるから、マスクを外したほうがいい」と説いた。

続けて、「だいたい、いつでもどこでも『マスクつけろ』って言ってるやつが頭おかしいねん」と述べ、

「俺の動画でも、誰もいない海で撮影してる動画やのに『マスクしろ』ってコメントしてくるやつがおって、ホンマにアホやと思うわ。自分で考えることもできひんで、脳みそが”マスク脳”になってて、完全に思考停止してるねんな!」

と痛烈に批判した。

そして、「結局これも『学校に行け、学校に行け』って言ってるのと同じで、みんながマスクつけてるから苦しくても『マスクしろ!』ってなってるだけやねん」とゆたぼんさん。

記事のコメント

不登校なのに学校を批判してはならない。登校してから意見を述べるべきだ

学校に行かないなら学校で起きた事件事故を口にするのは違う。また、それを理由に「他の人も学校に行かないことを考えよう」的な発言はもっと違う

学校に行ってない彼が学校の集団行動をしている生徒たちの気持ちを代弁するの話が全くおかしな話し

持論はいいが、その場のルールは守った方がいい。気に入らなければ、ルールを変える努力をした方がいい。臨機応変に対応しなければならないこともあるにはあるが、皆が個人の持論を振りかざしてルールを全く守らなくなったら、社会は崩壊する。

久々にゆたぼんのネタ記事が出たかと思えば誰もが当然の如く理解している事を上から発言してるだけでとても残念な内容だった。もっと持論を展開して関心させるだけの事を言えるのにはまだまだ先になりそうだ。

B:まずは学校に行ってから批判するといいと思うけどな
A:ゆたぽん君は世間からただの我儘みたいに見えてるから、言い方を変えれば環境も変わるかもね